診療科・部門

がん治療センター

診療内容・特色

がんの種類にかかわらず、患者様とご家族様を含めたトータルケアを実現するのが湘南東部総合病院のがん治療です。当院のがん治療はがんと告知された瞬間からはじまり、治療に関しては手術だけでなく化学療法や放射線治療を1カ所で行うことができ、患者様に安全で安心できる医療を提供していきます。医師はもちろん看護師、薬剤師、管理栄養士、リハビリスタッフなど多職種からなるチームで患者様の状態を客観的・多角的に評価することで、ご家族様をサポートいたします。低侵襲の治療にも力を入れているので、入院期間が短いことも特徴です。
これからも湘南東部総合病院は患者様中心の医療を心掛けています。

イメージ[写真]
対象がん一覧※準備中
イメージ[写真]
治療方法
イメージ[写真]
がんとともに生きるため
のサポート

コンセプト

湘南東部総合病院のがん治療は診療科目の枠組みにとらわれないボーダーレスながん治療を行い、患者様一人ひとりに最適ながん治療を提供します。患者様になるべく負担をかけない充実した治療とサービスで地域医療を支え続けます。

がん治療について[図]

院長インタビュー

大川病院長が当院がん治療センターについてご説明いたします。

[写真]

治療方法について

湘南東部総合病院のがん治療は現在主流となっている外科的治療(手術)、化学療法(抗がん剤、ホルモン剤治療)、放射線療法の3本柱を単独または組み合わせて行い、多種多様ながんの治療を行います。患者様の状態、ステージに合わせた最も効果の高い治療を行います。

外科的療法(手術)

がん治療の中核となる外科的療法は様々な領域で行います。湘南東部総合病院ではロボット支援手術(ダヴィンチ)や腹腔鏡などを使用した低侵襲な手術を行い、できるだけ患者様に負担をかけず、早期に退院できるような治療をおこなっています。
ロボット手術(ダヴィンチ)についてくわしく知りたい方はコチラ

[写真]

化学療法(薬物療法)

多種多様ながんに対応し、放射線治療との併用も行っています。化学療法専門の医師、看護師、薬剤師が患者様の状態をチェックし、患者様に適切なケアとアドバイスを提案いたします。

[写真]

放射線療法

強度変調放射線治療と低放射線治療が使用できる「リニアック」という放射線治療装置を使用し、がん細胞を直接放射線で攻撃し、他の組織を温存するのが放射線治療法です。
手術前にがん組織をある程度小さくする術前放射線治療、術後残った病変に対して行う術後放射線治療など、他の治療法と組み合わせた治療の一環を担います。

[写真]

がんとともに生きるためのサポート

湘南東部総合病院 がんセンターでの診断・治療の流れ

湘南東部総合病院ではがんの早期発見・早期治療を実現するため、がん検診を始め各専門職が積極的に関わり、患者様・ご家族様をフォローします。入院に関しては痛みや傷が少なく、治療後の回復が早い、短期間の入院をモットーに患者様のQOL(生活の質)を重視する取り組みを積極的に行っています。また、退院後のフォローも充実しており、安心した生活を送れるように患者様・ご家族様をサポートいたします。

湘南東部総合病院 がんセンターでの取り組み

がん検診

がんは定期的な検診をすることで、早期発見・早期治療につながっていきます。健診で見つかったがんは予後が良いと言われています。自覚症状のないがんも多くありますので、定期的な検診の受診をおすすめします。
自治体による特定健診にと一緒に各がん検診を組み込むことで、定期的な受診の習慣が身につきます。湘南東部総合病院では特定健診に合わせたがん検診のオプションをご用意していますので、ご検討ください。

[写真]

緩和外来

がん告知(初発・再発)を受ける患者さんとそのご家族の苦痛を軽減できるよう、看護師が不安や心配事をお聞きし、患者さん・ご家族が納得した上で意思決定ができるように支援しています。また、がんに伴う心や身体などの苦痛でお悩みの方の痛みを和らげる専門的治療と看護をおこないます。
湘南東部総合病院にはがん患者様の疼痛緩和を目的としたホスピス緩和ケア病棟があります。普段の生活と極力変わらないように入院生活を送れる病棟となっていますので、ご興味のある方は一度病院見学に来てみてはいかがでしょうか。

[写真]

栄養指導

「食べられない」「味が分からない」など化学療法を行う患者様の抱える問題を管理栄養士が栄養面や食事法を説明、提案することで患者様・ご家族様をしっかりサポートさせていただきます。

[写真]

外来治療センター

化学療法専門の医師と看護師、薬剤師が効果的で継続できる方法を提案することでこれから始まる抗がん剤治療のサポートを行います。治療前は抗がん剤の必要性にくわえ、治療計画、副作用対策、日常の過ごし方、費用について説明し、もし副作用が出たときの効果的な対策を提案し、安全で最適な治療を提供します。

[写真]

がんリハビリテーション

がんリハビリテーションはがんやがんの治療による体への影響に対する回復力を高め、残っている体の能力を維持・向上させるためのリハビリテーションです。がんと診断された直後から開始する予防的リハビリテーションや緩和医療と一緒に行う緩和的リハビリテーションなど、患者様の状態に合わせてQOL(生活の質)を保つためのリハビリテーションを実施します。
また湘南東部総合病院にはがんリハビリテーション研修課程修了者が11名在籍(2021年)していますので、専門的なリハビリテーションを受けることができます。

[写真]

在宅医療(看護)

手術後退院し、ご自宅で生活されるときの「痛い」「しんどい」といった身体的な苦痛、「つらい」「不安と」いった精神的な苦痛を和らげ、ご自宅だからこそ生まれる安心を大切にするために、在宅医療があります。
在宅診療では定期的に医師が訪問し、健康状態の把握、薬の処方、医療処置を行います。在宅看護では清拭や入浴介助、マッサージ、薬の飲み方や使い方のアドバイス、医師の指示による医療処置など患者様がその人らしい生活を送るためのサポートをさせて頂きます。

[写真]